安全に住みたい!一人暮らしでも安全な物件とは?

一人暮らしの賃貸生活はリスクが大きい

これから賃貸物件を借りて一人暮らしを始めるときには二通りの観点から安全性を考慮することが重要です。一人暮らしでは借りた部屋の中にいるときと、外にいるときで別のリスクがあります。よく知られているのは防犯の重要性であり、空き巣の被害は地域によってはかなり多くなっているのが実情です。一人暮らしの場合には部屋に誰もいない時間が長くなってしまいがちなので、空き巣の被害を受けるリスクは高くなるでしょう。単身向けの賃貸マンションを借りていると標的にされてしまう可能性も高くなります。そのリスクを下げるには高層階を選ぶのが良いと言われていて、万が一犯人が目的されたときに逃げにくくなるという観点から空き巣被害に遭いにくいのです。一方、それによって家の外にいるときのリスクは高くなってしまうので気をつけなければなりません。地震や火事などのときには高層階にいると逃げにくくなってしまうからです。一人だとパニックに陥ってしまいやすく、逃げ道をすぐに確保できる低階層にいた方が安心と考えることもできるでしょう。

防犯設備に着目するのが大切

このように考えると逃げやすい範囲で低めの階層に部屋を選ぶのが安全です。防犯性については賃貸マンションの防犯設備に着目するのが賢い方法でしょう。エントランスホールにセキュリティーロックがあると空き巣は侵入しにくくなります。監視カメラが設置されているとなお安心できる環境が整っていると考えられるでしょう。いくつかの防犯設備を合わせて持っている物件を選べば安全性は飛躍的に高まります。

住みやすい登別の賃貸マンションは物件を見学することで探せるでしょう。インターネット上で写真を見学するだけでは良い物件は見つかりません。

Related Articles