賃貸オフィスの選び方と借りる時の流れについて

賃貸オフィスの選び方

会社を立ち上げたばかりの経営者にとって、賃貸オフィス選びは大切な仕事の1つです。業務が効率的に進むように、働きやすさなどを考慮して、ベストな賃貸オフィスを選ばなければなりません。実際に賃貸オフィスを選ぶ時は、立地条件と入居する人数、初期費用の3つを考慮する必要があります。立地条件については、社員全員の通いやすさを考慮する事が大切です。また入居する社員が2~3名の場合は、マンションをオフィスにするという選択肢もあります。5名以上の場合はマンションだと少し狭いかもしれないので、オフィスビルやレンタルオフィスがおすすめだと言えるでしょう。

賃貸オフィスの初期費用については、レンタルオフィスの場合、賃料の2~3ヵ月分程度のみでOKです。一方、マンションをオフィスにする場合は敷金や礼金、仲介手数料などを含めて、初期費用が賃料の5ヵ月分程度かかることもあります。

賃貸オフィスを借りる時の流れとは!?

気になる賃貸オフィスが見つかったら、まず始めに管理している不動産会社に問い合わせてみましょう。そして物件の詳細情報を確認し、内見させてもらうのが一般的な流れです。内見する時に確認しておきたいのが、入り口やドアの大きさです。あまりにも入口が狭い場合、デスクや椅子の搬入が困難になるかもしれません。そして借りたい賃貸オフィスが決定したら、今度は申込と審査に入ります。法人契約の場合、登記簿謄本や決算書などの書類が必要になります。その後無事に審査が通ったら、いよいよ契約です。不動産会社からは賃貸借契約書や重要事項の説明があるので、内容をしっかり確認しておきましょう。

賃貸事務所 港区は、ビジネス活動が盛んなオフィス街に多数の物件が存在しており、立地面だけでなくアクセス環境や設備内容も充実しています。

Related Articles