店舗デザインがお店の売上げや雰囲気を決めます

お店の雰囲気が「味」を決めます

テレビなどではグルメ番組が流行っていますが、その理由は視聴率がとれるからです。視聴者が料理番組に関心を持っていることの表れですが、その番組で取り上げられるのはすべてといっていいほど「味」です。飲食店を紹介する番組ですからある意味当然ですが、本当は飲食店の成否を決めるのは「味」だけではありません。実は、店舗デザインなのです。
飲食店の「味」というのは、実は味覚だけで決まっているのではなく視覚から入ってくる情報も影響を与えています。この両方を称して雰囲気ということができますが、雰囲気が「味」を醸し出しています。一般のお客様はそこまで意識して食事をしているわけではありませんので、ほとんどの方は無意識で感じているはずです。ですが、よくよく考えてみますと人は「おいしい!」思うとき、お店の醸し出している雰囲気に対しても感じているのです。

お店における機能性の重要性

機能性を説明しますと、「動きやすさ」と言い換えることができます。これはお客様に対してもですが、従業員に対してもの「動きやすさ」です。例えば、お客様の座る席の空間が狭い場合と広い場合ではお客様は「味」に対する印象が変わってきます。このように説明しますと、「広い」ほうが好印象を与えるように思いますが、そうとは限りません。「狭い」ことが「味」に好印象を与えることもあります。
従業員の「動きやすさ」とは動線のことです。効率的な動きをできるように店舗デザインが工夫されていますと、従業員は気持ちよく働けますし、それがお客様に好印象を与えます。このように店舗デザインはお店の命といっていいほど重要です。

店舗デザインは、販売する品物によって変える必要があります。デザインが変わるだけで、店全体のイメージだけでなく商品の見え方も変わってくるからです。

Related Articles