ブロードバンド物件には3つのパターンがある!?特徴を知った上で選ぼう

単身者向けの無線アクセスポイントが用意されている

ブロードバンド物件を謳う部屋の中には、単身者向けに多い無線アクセスポイントが用意されているタイプがあります。建物の一部分に設置された無線アクセスポイントを入居者に開放しているタイプであって、Wi-Fi接続機器に専用アクセスキーを使ってログインするタイプです。オーナーの好意にて提供されているケースが多いですが、無線アクセスポイントの位置により部屋ごとに快適性が異なる点に注意が必要です。

管理費込みで独自のインターネットを用意

ケーブルテレビ事業者との提携により、管理費に月額料金が含まれる形でブロードバンド回線が用意されているケースです。ケーブルテレビ事業者にとっては、更に高速プランへの勧誘とメインとなるケーブルテレビの勧誘を堂々と行う機会を得られるので、半年ごとに勧誘を受け続けるケースがあります。用意されているブロードバンド回線が管理費に含まれている場合には、速度面の苦情は早めにオーナーへ伝えることで改善を促さないと、ケーブルテレビ側はオーナーを顧客と見ているので優先順位が変わってしまいます。

FTTH方式で用意されていれば快適

ブロードバンド回線がFTTH方式で用意されているならば、管理費をチェックして月4,000円以内相当なら割安だと考えて良いです。なぜなら、FTTH方式でのブロードバンド回線は通信ロスが少なく快適ですが、月額料金が月5,000円を超えるタイプが多いからです。ブロードバンド物件だからこそ、割安でインターネット回線が利用出来るならメリットとして受け入れやすくなります。万が一別の回線を使いたい場合の条件を確認しておくと良いでしょう。

北海道の琴似は、治安が良く、銀行・郵便局、スーパー・病院などが密集し、生活に便利なところから大変人気があります。琴似の賃貸は1DKや1Kなら3万円台で探すことが出来ます。

Related Articles